お薦め

プロポリスは「敵の侵入を防ぐ防壁」という意味がある

プロポリスといえば、ミツバチが作るものというのはすっかり定着していますね。
美容や健康維持に役立つことから、多くの人がサプリメントなどの商品を生活に取り入れています。
しかしプロポリスが持つ本来の意味までは、あまりよく知られていません。

そもそもミツバチがプロポリスを作るのには、理由があります。
高い抗菌作用や、巣の中を無菌状態にするなど、ミツバチが安全で快適に暮らすために作り出されるものですが、実は他にもたくさんの目的があります。
「敵の侵入を防ぐ防壁」これも、プロポリスの使用目的のひとつです。

蜂というとなんでもかんでも同じ種類に思えてしまいますが、実際には13万種かそれ以上とも言われています。
種が違えば敵とみなすので、蜂の世界でも戦いがあります。
ときには巣の内部に侵入してくることもありますし、1匹でも敵が侵入してくれば種族が一眼となって敵を殺しにかかります。
まず敵を巣の中に侵入させないことが一番大切ですね。

プロポリスは巣の入口に張り巡らせることで、入口を狭くすることができます。
入口を小さくすれば敵の侵入を防ぐ壁として、巣を敵から守ることができます。
万が一巣の内部に敵が侵入すれば、直ちに殺しに行きますので巣の中で敵が死んでしまうこともあります。
しかし敵の体が大きい時には、巣の外に簡単に死骸を運び出せない事もあります。
こういう時にはプロポリスで、死骸に鎧を着せるように包み込みます。
抗菌作用が高いプロポリスで包み込む事で、腐敗を防ぎ巣が汚染するのを防ぐことができます。

蜂の巣の中にはなん万匹という蜂が集団生活をしています。
当然巣の中は常に清潔にしなければいけませんね。
敵の侵入を防ぐ防壁として巣の入口にプロポリスを張り巡らせておき、働き蜂がやっと通れるくらいの大きさにしておくことでそこを通るたびに蜂の体にプロポリスが付着します。
体に付着したプロポリスは、自然と巣の中に運び込まれるので常に巣の中は清潔な状態に保たれているのです。
プロポリスの抗ウイルス作用について詳しくはhttp://www.probenewsmagazine.com/fresh.html