お薦め

養蜂技術や天候などに左右されない品質の安定したプロポリス

プロポリスはミツバチが作り出した、天然の防御成分http://www.canev.org/blessing.htmlとしてもよく知られていますね。
ミツバチは世界中に生息していますし、養蜂も世界中で行われています。
ミツバチの巣があれば、プロポリスがあると言ってもいいくらいですが、同じプロポリスでも質という意味で考えたとき、地域によっては大きく変わってきます。
というのもプロポリスは、ミツバチが巣の近くにある樹木の樹液や樹脂や樹皮、花の花粉や植物などを材料にして唾液や蜜ロウと混ぜ合わせて作られるからです。

地域が違えば当然のように、自生している樹木や花や植物も種類が違ってきますね。
養蜂場のミツバチが作るプロポリスは、人々が管理している場所にあり、養蜂技術なども関係してきますが、ミツバチも安定した地域でプロポリスを作ることができます。
中には厳しい環境で生息しているミツバチもいます。
プロポリスの原料となる樹木や植物や花が少ない環境にいる場合には、どうしても材料が乏しいためにプロポリスの量も限られてしまいます。
何を材料にしているのかとか、蜂の種類によってはプロポリスの生産能力にも差があるので同じプロポリスでも質や含まれる成分はかなりの差が出ることもあります。

http://bunche.org/にも書いてあるように「プロポリスの中でも最も高品質とされているのは、ブラジル産のものです。
ブラジルにはプロポリスの生産能力が高いと言われている、アフリカ蜂化されたミツバチが多く生息していますし、ユーカリやアレクリンという他の地域には自生していない植物が豊富です。
アマゾンという豊かな自然に囲まれた地域なので、プロポリスの材料も常に豊富に存在していますので安定してプロポリスを採取できます。
また、ブラジル産のプロポリスはガン予防にとても効果的と言われています。詳しくはhttp://4gcounts.com/Prevention.html

自然界の場合は天候に左右されることも多いですし、地域によっては不安定になってしまうこともあります。
ブラジルはプロポリス作りには恵まれた環境といえるので、生産量&品質とも常に安定しています。
抽出方法によって形状は異なりますが、高品質と言われているプロポリスのほとんどがブラジル産なのにはこのような理由があるのです。
▼大人気のマカも是非注目してみてください。