お薦め

「アルテピリンC」は「負けないちから」や若々しさに役立つ成分

http://www.chaddsfordpa.net/effect.htmlにも書いてあるように、プロポリスに含まれる成分は、数百種類にもなると言われています。
ここではすべての成分を紹介しきれませんが、その中でも注目されている成分がいくつかあります。

アルテピリンCは桂皮酸誘導体の一種ですが、がん細胞などの異常細胞の成長や増殖を抑える効果が確認されています。
プロポリスはミツバチが樹木(樹液・樹脂・樹皮)や花粉や植物などを採取し、それを噛み砕き唾液や蜜ロウと混ぜわせて作るものです。
主な使用の目的は、巣の安全を保つためです。
様々な成分が含まれていますが、巣の補強やバクテリア退治、外部からの敵の侵入を防いだり、巣の中を無菌状態に保つなど効果もいろいろです。
ほとんどのミツバチの巣には、プロポリスが存在していますが、含まれている成分はミツバチの生息地域によって異なります。
なぜなら地域によってミツバチたちがプロポリス作りの材料にしている、樹木や植物の種類が違うからです。

プロポリスの中でも注目されている成分のひとつ、アルテピリンCはある特殊な植物にしか含まれていません。
プロポリスに少しでも興味がある人ならご存知かと思いますが、世界中で作られているプロポリスの中でもブラジル産のものが最も高品質だとされています。
これはブラジルに生息しているミツバチの種類が、多くのプロポリスを作る能力があることと、自生している樹木や植物にも関係しています。

この地域にはユーカリとアレクリンという植物が豊富です。
ユーカリはコアラの大好物としてもよく知られていますが、薬用成分としてもよく知られていますね。
またアレクリンという植物は、ローズマリーよりも優れた抗酸化作用や抗菌作用があります。
さらにアルテピリンCは、アレクリンはブラジルの特定の場所にしか自生していない特別な植物なので、ブラジル産のプロポリスにしか含まれていません。

一般的なプロポリスは材料の関係から真っ黒い色をしていますが、http://www.2boot.com/burajiru.htmlにも書いてあるように、ブラジル産のプロポリスはユーカリやアレクリンを主な材料にしているのでとても綺麗なグリーンです。
見た目の美しさや含まれる成分から、ブラジル産のプロポリスが高品質だとされているのです。

年齢に負けない若々しさをキープしたい人にも、ぴったりですね。
こちらxn--zckzcsa6cn.nameに、品質ランクついての大変興味深い解説があります。どうぞ、ご覧ください。